雪がとけてきて、畑ののり面などにピョコっと、顔を出す緑の春の使者。

「ふきのとう」かわいいですね。場所によっては、

「まだまだだ。」という北の土地の方や、「今まさに旬」という関東地方の方など、

いろいろだとおもいます。

でも、ふきのとうを見かけると、春のお知らせを受け取ったようで、やっぱりうれしくなります。

ふきのとう

なんと、数少ない日本在来種です。

ということは、(食べている人は)ずっと昔から食べていた山菜なのですね。

 

ふきのとう

キク科フキ属の多年草。全国の山野に自生している。

この、自生しているというところが素晴らしいですね。

ふきのとうはツボミの部分で、花が咲いたのちに地下茎から伸びるフキが出てきます。
フキは、フキとしてこちらも食べることのできる山菜ですね。

地方によって異なるとおもいますが、ふきのとうは春先ほんの一瞬の期間だけしか食べられないので、注意してないと、季節と共に通り過ぎてしまい「今年は食べられなかった。」ということがあります、でも、その後、秋口まではフキ出回り、ふきのとうの事は忘れてしまうんですけどね。

 

ふきのとうの苦み成分や栄養価と効能

栄養価いろいろ

○食物繊維 植物といえばこれ。おなかの調子を整えたり、デトックス効果も期待出来たりとメジャーな成分ですね。
○ビタミンB!1,B2,葉酸などのビタミン群 新陳代謝アップ、エネルギー代謝アップなどアンチエイジングに効果が期待できるとされています。

○ビタミンE 肌の衰え、更年期障害の予防、女性ホルモンの分泌に関係しているビタミン。有名な効果は抗酸化作用ですね。

○カリウム 生活習慣病の予防に効果が期待できるとされています。主に高血圧など、脚、顔などのむくみを解消する効果やデトックス効果が期待できるとされているビタミンです。

 

 

そして苦み成分に効能はあるのかな

○フキノール ポリフェノールの一種。

血液中のヒスタミンの働きを抑えてくれるため、咳止め、花粉症予防への効果が期待できるといわれています。

ポリフェノールには抗酸化作用があるということは皆さんご存知とおもいますがそれです。

○ケンフェロール 免疫力アップ(ウイルス性の病気の予防効果)が期待できるとされています

○植物アルカロイド 腎臓のろ過機能向上でデトックス効果が期待できるとされています。

 

 

万能のデトックス、アンチエイジング効果抜群の山菜なのかな?

残念ながら万能ではございません。
注意が必要な成分も入っております!

●フキノトキシン 発がん性物質といわれております。

●植物アルカロイド 大量に摂取してしまうと、人によりますが、おなかが緩くなって下痢をおこす危険があります。

やはり、日本の在来種でありながら、ここまで生き延びてきた植物には、残るだけの理由があるようで、体にいいからといって食べすぎれば、逆効果になるみたいです。

食べ過ぎない!

体にいいからといって、大量に食べてもイイことはないです。

注意が必要な成分も微量含まれておりますので、くれぐれも食べ過ぎにはご用心しましょう。

実際に食べてみれば、けっこうな苦さがあって、大量には食べられないものではあるとおもいますが、

それでも、「このホロニガサが最高。」とかいって食べ過ぎる人もいらっしゃいそうなので何回も言わせていただきました。

 

最後に

ふきのとう、こちらの方では「バッケ」などとも言います。方言ですが。

雪がとけるかとけないかのうちに出没するふきのとう。

ほかの草がまだそんなに青々ともしていないときにパッとキミドリの丸い物体が出ると、

やっと雪から解放されるのかと、ほっとします。

スタッドレスタイヤを夏タイヤに交換して、ドライブにでも出かけたくなってしまいます。

ありがとうございました。