夏は避暑地として有名な山中湖。秋から冬にかけてワカサギ釣りが楽しめるスポットです。でも、結氷した湖で穴釣りが出来るのは寒い時期だけ。氷が張ってなくてもボートでの釣りもできます。屋形船のようなドーム船での釣りもできます。(寒くない!)

山中湖

場所 山梨県南都留郡山中湖村内にある淡水湖

山中湖は富士五湖の中で最大の面積で(一番大きい)、そして、湖面の標高がこれまた富士五湖の中で最高です。(標高部門 日本第3位)
水深に関しては、富士五湖の中で一番浅くて13.3メートル
富士箱根伊豆国立公園に指定されています。

山中湖を中心とした地図です。ワカサギ釣りにお出かけになるのなら、山中地区、旭日丘地区、平野地区どの地区からでも釣り船(ドーム船)が出でおりますが、予約や確認していくのが良いとおもいます。

ワカサギを釣る!

ワカサギ釣りに必要なもの

 

 

仕掛け

針 2.5号、ハリス 0.6号前後、中糸 0.8号、おもり3号(前後)
5から7本下針付き

 

サオ

全長5から80センチくらい
好みにもよりますが、穂先が柔らかい先調子の竿や胴部分が中調子の竿などあります。体感的には、魚がかかったときのアタリがとりやすいのは先調子、ダイナミックな引きを楽しむなら中調子といった感じでしょうか。

 

えさ

サシもしくは赤虫(どちらも生餌です)

 

費用

入漁券 600円
ボート代3,500円(1日 2人用)
ドーム船 約4,000円(1日 1人)

結氷時の穴あけ 500円

 

服装

とにかく暖かい恰好
冬の早朝は氷点下二ケタになることもある。(マイナス10℃とか)

 

釣り方

1.全部の針にエサをつけ、仕掛けを降ろして、底まで垂らしてそこにあたったら10センチ前後リールを巻いて待ちます。

2.竿の先がピクピクといったら、大きく素早く引き上げます。
このときにスムーズに上げないと逃げられます。
また、強引に引き上げると、ワカサギの口が柔らかいのでちぎれて逃げられます。
ワカサギのお口はデリケートということを覚えて力加減を上手にすると上級者の仲間入り?というくらいロスが少なくなります。

3.仕掛けの上部分をもって、もう片方の手でワカサギを外して取り込みます。
釣り全般に言えますが、ワカサギも自分や家族友人が食べたりするので針の外し忘れ(テグスから離れた状態)には気を付けましょう。
せっかくのワカサギでケガをしてはつまらないですからね。

これだけです。あとは好きなだけ釣り上げましょう。

はじめのうちは、エサ付けが難しく感じたりするかもしれませんが、一日中なっていれば、上手になりますし、なにより、いっぱい釣れると、エサ付けも楽しくなるとおもいます。

 

 

 

ワカサギ(変換すると)公魚

高難易度の漢字の読み方です。(漢検1級程度)
「わかさぎ」と読みますが、由来として、江戸時代、常陸の国麻生藩が将軍家(徳川11代将軍徳川家斉)に年賀に行くとき霞ヶ浦産のワカサギを献上したのが由来とされています。(串焼きにしたとか、諸説いろいろ)

クイズ番組などで出題されそうな、高難度の読み方で、コウギョ?というリアクションしかできない漢字です。

 

わかさぎ姫

今年の山中湖のワカサギ釣り解禁日に関連して、わかさぎ姫というのがなんなのか。

東方プロジェクト(ゲーム・漫画などにも登場)の登場人物です。

設定が霧の湖に住む人魚。普段はおとなしい妖怪で、人間に敵対心は持っていない。という設定ですが、現代版淡水にすむ人魚といったところでしょうか。(下図参照)

ワカサギ姫(和風な人魚です)

 

最後に

公魚(ワカサギ)アングラーばかりでなく、いろんな人を虜にしていますね。

釣れる場所もいいところばかり、国定公園内で釣りが出来るなんて最高ですね。(ロケ地 山中湖ではないです)