潮干狩り!便利道具と用意して安心な持ち物をチェック!

潮干狩りは、ご家族連れにはもってこいのレジャーではないでしょうか。用意する物も、他の海のレジャーよりはお手軽ですし、何よりアサリなどを見つけたときは楽しいですよ。

手軽な割に、アサリなどの貝のいそうなポイントなど、攻略要素もあったり、楽しいだけでなく、奥が深くて、初心者から上級者、老若男女問わず楽しめることも大きな魅力です。

最初は、あまり構えず、とりあえず行ってみるというのもスリリングでいいとおもいます。でも、ちょっとだけ情報を頭に入れとくと、とりあえず失敗する確率は減るとおもいます。

 

 

道具も定番から便利なものまで

貝を獲るのに必要な道具あれこれ


・スコップ、熊手「レーキ」、バケツ2個くらい」、ビニール袋、軍手、ビニール手袋

どれもホームセンター、大手スーパーなどどこでも手に入れられます。
海の近くのお店にも売っていますが、値引きはない感じです。

 

 

快適に活動するための道具

砂浜といっても、砂しかないわけではありません。十分安全に活動するため最低限の装備はしましょう。砂浜を裸足で歩くのは気持ちいいですが、大きな危険を伴います。(ガラスの破片、貝殻の破片、プラスチックゴミの破片などの破片類が、砂浜には潜んでいます。)裸足で歩けるのは、裸足で歩けるよう整備している砂浜だけ!というのも心にとどめておきましょう。

足元は最低でもビーチサンダル、春先は海水が冷たいので長靴もいいです。

 

快適性を考えて

・麦わら帽子、サングラス、タオル、クーラーボックス、ビニールシート
関連して
・日焼け止め用品、防寒のための上着や、カッパ

 

便利な道具

・スノーボード

ご存じとおもいますが、雪国などでは、普通にそりとして使います。もちろんスキー場で滑走するものですが、近所の買い物に行くときなど、子供を乗せて引いていく風景を見かけます。
潮干狩りでは、砂浜をボートとして荷物やお子さんを乗せて移動すると便利ですし、何よりお子さんが大喜びするはずです。

・ジップロック、救急セット

大事なスマートホン、デジタルカメラ、などの精密機械の部類は特に注意しましょう。大事なデータを守るためにここは厳重に防水対策はやり過ぎということはないですよね。

本当は、スマートホンは海へは持って行かないのが一番ですが、今の世の中手放せない人は多いはずです。

その他は、自分のスタイルや好き嫌いで揃えてよいとおもいます。なにより、一回行ってみて、なるほど、最近は、こんな感じなのかと肌で感じてみるのも良いとおもいます。

 

 

最後に


潮干狩りに行って、絶対に獲物(アサリなど)を持って帰りたい場合の最低条件として、
「アサリのいる砂浜に行く。」ということがあげられます。

そのため、自分の勘などで、「あの辺の砂浜は人がいないし、良さそう。」などと狙いをつけても、

全く取れなかったり、禁止地域だったりする場合もあるので、
出来れば、お近くの潮干狩り場をお勧めします。

潮干狩り場には、近くにお店屋さんがあったり、いろんな情報も提供されていて安心だとおもいます。

入場料を支払わなくてはなりませんが、
自分でとったアサリも堂々と2キログラムまで持って帰れたりと、特典もあります。

なにより、漁場が管理されているので、必ずアサリを見つけることが出来るはずです。

なぜ、必ずアサリが獲れるのか?それは、ウッ。「それは言えない、レモンの秘密!」
アサリが日本の砂浜が大好きで、寄ってくるから。と言いたいところですが、

本当は、潮干狩りに来た人の期待を裏切らないよう、漁業関係者が努力しているから。ということです。

ところで、皆さんは、1/fゆらぎ(エフぶんのイチゆらぎ)というのは、

聞いたことがありますか?ピンクノイズという名前で覚えてらっしゃる方もいるかとおもいますが、
何のことかというと、川のせせらぎとかの音、ろうそくがゆらゆら揺れる様子、

そして、打ち寄せる波の音などの自然界の周波数です。砂浜で、波の音を聞きながら過ごす。

すると、このピンクノイズの影響も多少あるとおもいますが、

リラックスして、気持ちがすがすがしくなると言われています。

これも、体験してみてはいかがですか。

ありがとうございました。