雛人形をいろいろな事情で手放すときが来たら「どうしよう?」、「どうやって処分しよう」と思案に暮れてしまいます。皆さんは、「その時」どのような方法で雛人形とお別れしますか?

雛人形の捨て方、処分方法について

1.丁重に供養して頂く

「雛人形は、生まれた女の子(自分)に対してのみ、身代わりで厄払いをされてきたものなので、自分の子に受け継がせるのは良くない。」という考え方で、自分の雛人形と、生まれた子の雛人形を飾る、というか祀(まつ)る場所がないし、自分の雛人形も古びてきたしこの際、思い切って処分しよう。

今まで私の災厄を代わりにうけてくれてありがとうの感謝の気持ちで、ご供養してもらいたい。そのようにお考えの方

(社)日本人形協会(www.ningyo-kyoukai.or.jp
○人形感謝(供養)代行サービス
 申し込むと(電話・webサイト)お人形送付キットが送られてきて、それに人形を梱包し、集荷してもらうもの。
送られたお人形は毎年10月ごろの「東京大神宮人形感謝祭」でご供養される。

一箱5,000円プラス送料(段、小道具は不可)

近所の神社で供養
近くに大きな神社に持ち込みで供養を依頼する。必ず事前確認してから持ち込みましょう。小規模神社などお断りされるケースもあるので注意が必要。

一体 1,000円前後から(要相談)

 

 

2.次のユーザーへ

ひな人形を購入する際ハイエンドのものを購入して、幸い、痛みも少なくまだまだ処分するには惜しい。この日本独特の伝統的な工芸美術品は次のユーザーにも楽しんでいただきたいとお考えの方。

○知人、親戚、兄弟姉妹、友人に譲る。
    自分の雛人形が必要なくなったタイミングで、兄弟姉妹、親戚に女の子が誕生するなどして、双方納得のもと、信頼のもと、譲渡する。
    非常にレアなケースではあるが、なにしろ、おひな様は、高額な美術品なので状態が良ければ喜ばれたりもする。

○オークションへ出品
     Yahoo!オークションなど、有名オークションサイトに出品する。

 

 

3.地上400キロ上空に有人!宇宙ステーションがある時代


不要になった雛人形を処分しようと考えたとき、おひな様も物に変わりなし。

県市民税など税金も払っていることだし、ゴミの日に出そう。

素材ごとに分解して分別すれば、クレームも来ないだろう。うむ。それが合理的であると、考える方。

○しっかり分別する
     布、木は、燃やせるゴミの日
     プラスチックは、プラスチックゴミの日
     金属は、金属ゴミの日

とにかく分別はしっかりやって、指定された日にきちんと出す。

市町村によっては、回収していかない場合もあるので、こちらも、お住いの市役所など地方公共団体などに問い合わせてから実行するのがいいとおもいます。

 

 

最後に

ひな人形に限らす、和物の人形は造形がリアルで簡単に捨てることができない、捨てさせないぞ!というプレッシャーがあります。

しかし、ひな人形ときけば、災厄を移して流すという印象を大半の方はお持ちでないでしょうか。

では、なぜ、そんな、災厄を移して、ゆくゆくは昇華して消える前提で、おひな様を豪華に作っているのか。

きっと、人形を作っている会社の人々も「ずっと残ってほしい」と願っているのではないでしょうか。

最新の腐食しにくい樹脂や石膏、生地など駆使して伝統美を崩さずにより優美に、買ってもらう人たちに夢をもっていただけるように(表現が違うかもしれませんが)商品開発に努力をしていらっしゃるとおもいます。

ちょうど、折り紙で作って笹船に乗せて流すおひな様とは、違うベクトルのおひな様を目指そうとした結果だとおもいます。

そう考えれば、大事な雛人形を譲ったり、受け継いでいったりするのも良いことだと感じます。(ただし、ひな人形が痛んでなかったらの話ですけど)

どうもありがとうございました。