ひな祭りの飾り付け、セッティングは、順調に進んでいらっしゃいますか。

毎年、定位置に飾り付けるものだから、「作業になっている。」方もいらっしゃるのではないでしょうか。

先祖代々の雛人形であるとか、奮発して買ったひな人形、大切にすればするほど、並べ方、飾り方など気になったりするものです。

 

飾り方!七段飾り(十五人飾り)

伝統的かつ高級。七段飾り、地方によって、または、関東、関西で、いろいろあるようなのですが、あくまで一般的な飾り付け方法の例。

 

1段目 男雛 女雛

関西では男雛を左、関東では男雛を右

 

2段目 三人官女

中    央 眉毛無しお歯黒)座っている官女
向かって右 眉毛あり口を閉じている官女
向かって左 眉毛あり口を開けている官女

ここら辺からググッと難しくなってきますね。そして、よく目にしているものではあるけど、細部はとっても複雑です。

 

3段目 五人囃子(バンド登場!)

左から、太鼓、大鼓、小鼓、笛、謡(うたい)

ちなみに、ラルク アン シエルは、hide(ボーカル)、ken(ギター)、tetsuya(ベース)、yukihiro(ドラムス)です。今でもカッコイイですね。

 

4段目 随臣(ずいしん)

向かって右側 年寄の左大臣
向かって左側 若者 右大臣
右大臣と左大臣の中間スペースにお膳や菱台を配置

ハァ、ハァ、皆さん、特にお父さん!ついてきていますか!あと少しですのでがんばりましょう。

 

5段目 仕丁(じちょう)または、衛士(えじ)

向かって左側 怒り顔
中央 泣き顔
向かって右側 笑い顔

 

6段目 道具

向かって左側から 箪笥(たんす)、挟箱(はさみばこ)、長持、鏡台、針箱、茶道具
ここらへんもいろいろ入れ替えがあったりするようなので、あくまで参考までに。

 

7段目 道具その2

向かって左側から、御駕籠(おかご)、重箱、御所車

以上です。これが、7段飾りのテンプレートとされているものです。

で、これは、やんごとなき御方の婚礼を3D化したディスプレイということだそうで…、
(6段目のあたりから、疲れてきて全く情緒の無い表現になってしまいすみません。)

見栄えをよくするには、ひな壇のセンターを基準に、シンメトリーに配置できればそれだけで、とても見栄えが良くなります。

 

いろいろあるね!おひなさま。その飾り方

前述の7段飾りと対極にある(コンセプトは同じですが)、もう一つの勢力、手作りのおひなさま、折り紙で作ったおひなさま、ミッキーマスオ?的なキャラクターおひなさま、省スペースタイプ。

その他いろいろなおひな様の飾り方。

自由です。
それらしい形になっていればオッケーです。

それだけに、個人様のセンスが問われますが、自分で楽しむ分にはすべて自由です。

この、ふところの広さが、伝統行事でありながらもすたれない秘訣なのかもしれませんね。

 

さて、飾る向き、方角、方位は?

おひな様の飾る場所、方位について調べてみると、

特に、ダメな方位とかは「無い」ということでした。

飾る場所も、7段飾に関しても、常識的な場所でいいそうで、

ただ、高価な品なので、風雨が当たらない、直射日光を長時間浴びない、蒸気にあてないなどの配慮はしておいたほうがよさそうです。

一方、段飾りではないおひな様は。

機動力にまかせて、ちょっとしたスペースがあれば、どこでも飾ることが出来ますね。

定番のサイドボードの上、本棚の空きスペース、窓のサン、自動車のダッシュボード、キリがないのでこれくらいにしますが、「ひな祭り中はおひな様と一緒なのよ!」という方にはこちらが楽しいかもしれませんね。

 

最後になりますが

「お父さん、7段飾り手伝って。」といわれても、これで大丈夫ですね。

年に1回なので、覚えられないし、日々の生活が忙しいとすぐ忘れ去られる「おひなさま」。

でも、きっと、1年間私たちの無事を見守ってくれているのでしょう。