男性にとって一度は悩んだことがあるホワイトデーの過ごし方。

特に職場で多くの時間を過ごす男性にとって同僚に何を渡そうか、どんなものが喜ばれるのかと考えることは避けて通ることはできないですよね。

私も男なのでその気持ちはよくわかります。

しかし、何を渡すかということも大切ですが、どちらかといえば職場内では渡し方で人間関係が左右されるということが重要な要素になってくることをご存知でしょうか?

どんなに良いものを渡しても、その渡し方で印象が台無しになることも・・・。

そこで今回はホワイトデーをポジティブに過ごせる職場内での渡し方を紹介します!

 

 

善は急げ!

記念日は、男性よりも女性の方が圧倒的に意識しているはず。

なので、出勤してきたらなるべく早い段階で渡してあげるほうがいいかもしれません。

そのほうがお互いに気持ちよく一日を過ごすことができますし、仕事にも集中できること間違いなしです。

しかし、相手が忙しくて余裕がない時に渡しても印象が悪くなるので少し落ち着いてから渡したり、もしかしたら退社の時間まで待つ必要があるかもしれません。 そこは臨機応変に!

なるべく朝出勤してきた時に渡すのがベストなわけなんですが、ここでのポイント!

・挨拶するタイミングで渡す ・感謝やお礼を簡潔に言う

これをするだけでこの後の仕事の効率は格段に上がることでしょう。 特に女性は感情を伝えると喜ぶので好感度間違いなし!

 

 

引き出しやロッカーに入れるのはタブー!?

私は学生の頃、両想いの好きな子がいました。

ホワイトデーの時にびっくりさせようとして綺麗な包装をさせたチョコを授業中にその子が席を立った時に引き出しに入れようとしました。

そしたら、引き出しの中があまり整理整頓されておらずいっぱいになっていたのでチョコを入れるのに苦戦しました。

周りがこっちを見ている中、その子が席に戻ってきました。 その時は少し笑っていましたけど、その後の僕らの関係はぎこちないものとなってしまいました。

誰でも(特に女性)他人に見られたくないテリトリーが存在します。

職場内でいえばそれは、引き出しやロッカーになるのですが、その中には私物が入っていたり、整理の仕方だったりとかその人を映し出すいわば鏡になっているわけです。 その中に勝手に物を入れたりするならばかえって不快な思いをさせてしまうかもしれませんね。

ここでのポイント! ・机の上の目立つところではなく、椅子の上におくべし ・簡単に付箋紙に「お疲れ様!」や「ファイト!」といった言葉を書いて貼り付ける

 

 

まとめて渡すときの注意点!

職場ではよくある光景だと思いますが、一人の人が女性従業員一同からといってバレンタインのお菓子を渡してくる場合があります。

ここで思いに留めておく点として、渡してきた人は立場が下の人でメッセージを書いた人は立場が最も高い人であるということ。

なので、まとめて渡すときは、最初に渡してきた人になりがちですがそこはグッと抑えて高い立場の人に直接渡した方があとからグジュグジュ言われないで済む最善の方法ですよ。

 

 

メッセージカードを添える!

渡すときにメッセージカードを皆が見えるような形で添付しておくならば好印象間違いなし!

ここでのポイントは、

・ちゃんと人数分あるか ・個別に包装されているものを選ぶ

一人だけなかったりしたら、皆が気を遣ってしまい逆に印象を下げてしまう悲しい結果に・・・。

個別に包装されているものであれば、休み時間や帰るとき、小腹がすいたときに食べれるかもしれないので取りやすいですよね。

なので、そこまで気がまわれるならばgood!

 

 

ホワイトデー職場での渡し方まとめ

1、 朝出勤してきたら挨拶と同時にすぐ渡す 2、 引き出しやロッカーといったプライベートが関係するところに入れない 3、 まとめて渡すときは立場が最も高い人に渡す

これさえ押さえておけば、ホワイトデーの時は迷わずに済むし、好感度アップ!

人間関係が良くなれば仕事の効率も上がり良い循環が期待できますよ。