男が本領を発揮するホワイトデーというなの日 考えなければいけないこととは、、、

この記事に興味を持った方はきっと今気になっている人、または想いを寄せる相手がいることだろうと思う。

ホワイトデーとか男が動くしかない日などは私も経験上、なんかその月になってからそわそわして仕方ない状態となる。

相手がいないなら自然と過ぎるイベントだが、何かしら気持ちがある場合は行動してみたいと思う人も多いとだろう。

私もこの時期は緊張してどうしていいのか分からない状態と経験が多々ある。

カップルであれば相手がしてほしいことを聞く事が出来るが、片思いとなると話は変わる。 一度計画ミスをしてしまったことがある。お食事を一緒にする際に相手が嫌いな物を聞いてなかったことであまり食事が楽しんでもらえなかったことがある。

会話などは盛り上がったが、ほとんど食事が進まず、飲む事がメインとなり、その日で想いを寄せる人とは恋愛には発展しなかった。

経験から勝負の日には計画を念入りに立てて、しっかりと相手の最低限の情報を聞き出しておくことをお勧めしておく。

 

 

男が勝負出来る日くらいはバラとかカッコイイ演出も必要かもしれない、、、

皆んなも一度はカッコイイ姿を女性に見せたいと思ったこともあるだろう。 カッコイイというのも色々とあるが映画やドラマで良い場面と面白い画面でバラの花束を男性が女性にプレゼントするシーンを見たことがある人も多いと思う。

最近ではなかなか花束などを渡す事も少なくなってきた時代ではあるが、私の中ではそんなベタな行動も大事に感じる。

例えば相手が花が好きでほぼほぼ両想いになっている状態に近い場合は、思い切って花束を渡してみよう。私自身も好きな相手が花が好きな人でバラだけではなく、バラと一緒に他の花束をミックスして渡した事がある。

始めはやり過ぎかなと思ったが、実際に渡してみるとかなり喜んでくれた経験がある。勿論、お花が好きだというのが前提だけれどほとんどの女性は花束を貰って嫌がる人はいないだろう。

だがしかし、一つ気を付けてほしいのが相手も多少自分に対して気を許してくれているのが大事だと言える。

なぜなら、ただ自分勝手にバラというのを渡してしまうと相手も気が引いてしまい驚いてしまう可能性があるからだ。

それは私自身も考えて渡すようにしている。 バラに関してはとにかく渡すタイミングと相手が花束を貰って喜んでくれる相手かどうかを必ず確認し、情報を得てから行動してほしい。

 

 

花束の本数の意味!あなたは知っていますか? 知っておくべき本数の事実とは、、、

ここでバラの花言葉の中から「色」と「本数」に関して皆さんへ知ってもらおう。 バラは色によって花言葉が変わる。

例えば、赤色は「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」、紅色は「死ぬほど恋焦がれています」、白色は「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」「清純」がなど花言葉によって意味が変わることがわかる。

続けて本数に関してだが、ここがかなり私も分からない点だ!本数によって様々な意味がある。各本数を1から100まで説明するとかなりの情報量となるため、何通りかを説明しよう。

1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」 3本 「愛しています」「告白」 108本 「結婚して下さい」 100本 「100%の愛」 999本 「何度生まれ変わってもあなたを愛する」

見ての通り一番多い本数はかなりの愛情表現となる。これは結婚相手へ渡す際に渡したい本数だ。

ちなみに私が渡した最高歩数は10本だった。勿論、喜んでくれたが次渡す際には999本を渡すようにしたい。

バラの花束には色々な意味や形があることが以上のことからわかる。

ホワイトデーに勝負をしかける際には是非渡してみてほしい。

ちなみに最近友人からの恋愛相談を受ける事が多々ある。

その中でホワイトデーに告白をするとの事で情報を聞く限りではいい感じに成功しそうな様子だと思ったのでバラの花束をプレゼントするように進めた。 きっとうまく記念日となるように私は願う、、、

皆んなも勝負出来る日、是非勝負してみてほしい。 その日なら誰も文句は言えないし、勝負して結果はどうであれ良い人生経験となるだろう。 皆んなが無事成功すること、幸せを手に入れられるかを私は願い、今日も相談にのってくる、、、